万葉集 第12巻 3122番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3122番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3122番歌

第12巻
歌番号 3122番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答歌)
原文 無心 雨尓毛有鹿 人目守 乏妹尓 今日谷相<乎>
訓読 心なき雨にもあるか人目守り乏しき妹に今日だに逢はむを
かな こころなき あめにもあるか ひとめもり ともしきいもに けふだにあはむを
英語(ローマ字) KOKORONAKI AMENIMOARUKA HITOMEMORI TOMOSHIKIIMONI KEFUDANIAHAMUWO
なんと無情な雨であることよ。人目を避けんが為なかなか逢えぬ彼女に今日こそ逢おうと思ったのに。
左注 右二首
校異 牟 乎 [元][紀][温]
用語 人目、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました