万葉集 第12巻 3212番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3212番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3212番歌

第12巻
歌番号 3212番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答歌)
原文 八十梶懸 嶋隠去者 吾妹兒之 留登将振 袖不所見可聞
訓読 八十楫懸け島隠りなば我妹子が留まれと振らむ袖見えじかも
かな やそかかけ しまがくりなば わぎもこが とまれとふらむ そでみえじかも
英語(ローマ字) YASOKAKAKE SHIMAGAKURINABA WAGIMOKOGA TOMARETOFURAMU SODEMIEJIKAMO
たくさんの梶を並べ漕ぎ出したが、この船が島に隠れてしまったら、私の彼女が、とまれとまれと振っている袖も見えなくなってしまうだろう。
左注 右二首
校異
用語 羈旅、船出、袖振り、羈旅、出発、恋情
タイトルとURLをコピーしました