万葉集 第12巻 3211番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3211番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3211番歌

第12巻
歌番号 3211番歌
作者 作者不詳
題詞 問答<歌>
原文 玉緒乃 <徙>心哉 八十梶懸 水手出牟船尓 後而将居
訓読 玉の緒の現し心や八十楫懸け漕ぎ出む船に後れて居らむ
かな たまのをの うつしこころや やそかかけ こぎでむふねに おくれてをらむ
英語(ローマ字) TAMANOWONO UTSUSHIKOKOROYA YASOKAKAKE KOGIDEMUFUNENI OKURETEWORAMU
(別れがつらいのに)平然とたくさんの梶を並べ漕ぎ出さんとする船を、やむなく呆然と取り残される(見送る)私です。
左注 (右二首)
校異 <> 歌 [元][紀] / 徒 徙 [矢]
用語 枕詞、出発、羈旅、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました