万葉集 第12巻 2859番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2859番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2859番歌

第12巻
歌番号 2859番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 飛鳥川 高川避紫 越来 信今夜 不明行哉
訓読 明日香川高川避かし越ゑ来しをまこと今夜は明けずも行かぬか
かな あすかがは たかがはよさし こゑこしを まことこよひは あけずもゆかぬか
英語(ローマ字) ASUKAGAHA TAKAGAHAYOSASHI KOゑKOSHIWO MAKOTOKOYOHIHA AKEZUMOYUKANUKA
明日香川、水量が増して水面が高くなった川を避けて(回り道をして)今宵彼女に逢いにきたのだもの。今宵はこのまま明けずにいてほしい。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 高 (塙)(楓) 奈 / 避紫 [万葉集新考](塙)(楓) 柴避
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、明日香、奈良県、恋愛、川渡り、難渋