万葉集 第12巻 2860番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2860番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2860番歌

第12巻
歌番号 2860番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 八<釣>川 水底不絶 行水 續戀 是比歳 [或本歌曰 水尾母不絶]
訓読 八釣川水底絶えず行く水の継ぎてぞ恋ふるこの年ころを [或本歌曰 水脈も絶えせず]
かな やつりがは みなそこたえず ゆくみづの つぎてぞこふる このとしころを [みをもたえせず]
英語(ローマ字) YATSURIGAHA MINASOKOTAEZU YUKUMIDUNO TSUGITEZOKOFURU KONOTOSHIKOROWO [MIWOMOTAESEZU]
八釣川の川底のように、絶えることなく流れる水のようにずっと恋い焦がれています。ここ何年間も。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 鈎 釣 [紀][温]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、明日香、奈良県、異伝、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました