万葉集 第12巻 2861番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2861番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2861番歌

第12巻
歌番号 2861番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 礒上 生小松 名惜 人不知 戀渡鴨
訓読 礒の上に生ふる小松の名を惜しみ人に知らえず恋ひわたるかも
かな いそのうへに おふるこまつの なををしみ ひとにしらえず こひわたるかも
英語(ローマ字) ISONOUHENI OFURUKOMATSUNO NAWOWOSHIMI HITONISHIRAEZU KOHIWATARUKAMO
磯の上に生えている小さな松のように、噂が立つのを恐れひっそりと人に知られないまま恋い焦がれ続けています。
左注 或本歌曰 巌上尓 立小松 名惜 人尓者不云 戀渡鴨 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、人目、うわさ、恋情、序詞
スポンサーリンク

第12巻 2861S1番歌(異伝歌1)

題詞 (寄物陳思)或本歌曰
原文 巌上尓 立小松 名惜 人尓者不云 戀渡鴨
訓読 岩の上に立てる小松の名を惜しみ人には言はず恋ひわたるかも
かな いはのうへに たてるこまつの なををしみ ひとにはいはず こひわたるかも
英語(ローマ字) IHANOUHENI TATERUKOMATSUNO NAWOWOSHIMI HITONIHAIHAZU KOHIWATARUKAMO
磯の上に生えている小さな松のように、噂が立つのを恐れひっそりと人に打ち明けることもないまま恋い焦がれ続けています。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、序詞、植物、人目、うわさ、恋情、異伝
タイトルとURLをコピーしました