万葉集 第12巻 3071番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3071番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3071番歌

第12巻
歌番号 3071番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 <丹>波道之 大江乃山之 真玉葛 絶牟乃心 我不思
訓読 丹波道の大江の山のさな葛絶えむの心我が思はなくに
かな たにはぢの おほえのやまの さなかづら たえむのこころ わがおもはなくに
英語(ローマ字) TANIHADINO OHOENOYAMANO SANAKADURA TAEMUNOKOKORO WAGAOMOHANAKUNI
丹波道の大江の山のさな葛、二人の仲が絶える(つるが切れる)などと私は思っていないとも。
左注
校異 舟 丹 [西(訂正)][元][類][紀]
用語 地名、京都、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました