万葉集 第12巻 3053番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3053番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3053番歌

第12巻
歌番号 3053番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 足桧木乃 山菅根之 懃 不止念者 於妹将相可聞
訓読 あしひきの山菅の根のねもころにやまず思はば妹に逢はむかも
かな あしひきの やますがのねの ねもころに やまずおもはば いもにあはむかも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMASUGANONENO NEMOKORONI YAMAZUOMOHABA IMONIAHAMUKAMO
山菅(やますげ)の根のようにねんごろにやむことなく恋い焦がれていれば彼女に逢えるかも。
左注
校異
用語 植物、枕詞、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました