万葉集 第12巻 3052番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3052番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3052番歌

第12巻
歌番号 3052番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 垣津旗 開澤生 菅根之 絶跡也君之 不所見頃者
訓読 かきつはた左紀沢に生ふる菅の根の絶ゆとや君が見えぬこのころ
かな かきつはた さきさはにおふる すがのねの たゆとやきみが みえぬこのころ
英語(ローマ字) KAKITSUHATA SAKISAHANIOFURU SUGANONENO TAYUTOYAKIMIGA MIENUKONOKORO
カキツバタが咲く沢に生える菅の根も絶えてしまうのでしょうか。ちかごろあなた様はいらっしゃらないですけれど。
左注
校異
用語 植物、枕詞、奈良、恋情、不安
タイトルとURLをコピーしました