万葉集 第12巻 3168番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3168番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3168番歌

第12巻
歌番号 3168番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 衣袖之 真若之浦之 愛子地 間無時無 吾戀钁
訓読 衣手の真若の浦の真砂地間なく時なし我が恋ふらくは
かな ころもでの まわかのうらの まなごつち まなくときなし あがこふらくは
英語(ローマ字) KOROMODENO MAWAKANOURANO MANAGOTSUCHI MANAKUTOKINASHI AGAKOFURAKUHA
真若の浦の真砂地ではないが、我が恋い焦がれる心は間なく時なしである。
左注
校異
用語 枕詞、地名、和歌の浦、和歌山、序詞、恋情、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました