万葉集 第12巻 3141番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3141番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3141番歌

第12巻
歌番号 3141番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 草枕 客之悲 有苗尓 妹乎相見而 後将戀可聞
訓読 草枕旅の悲しくあるなへに妹を相見て後恋ひむかも
かな くさまくら たびのかなしく あるなへに いもをあひみて のちこひむかも
英語(ローマ字) KUSAMAKURA TABINOKANASHIKU ARUNAHENI IMOWOAHIMITE NOCHIKOHIMUKAMO
旅にある身空が悲しいうえに、せっかくあの子に出合ったというのに(別れねばならず)、後になって恋い焦がれるだろうな。
左注
校異
用語 羈旅、枕詞、恋情、遊行女婦
タイトルとURLをコピーしました