万葉集 第12巻 3165番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3165番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3165番歌

第12巻
歌番号 3165番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 霍公鳥 飛幡之浦尓 敷浪乃 屡君乎 将見因毛鴨
訓読 霍公鳥飛幡の浦にしく波のしくしく君を見むよしもがも
かな ほととぎす とばたのうらに しくなみの しくしくきみを みむよしもがも
英語(ローマ字) HOTOTOGISU TOBATANOURANI SHIKUNAMINO SHIKUSHIKUKIMIWO MIMUYOSHIMOGAMO
霍公鳥が飛ぶ飛幡(とばた)の浦ではないが、その浦に繰り返しやって来る波のようにしばしばあの方とお逢いできたらなあ。
左注
校異
用語 動物、枕詞、地名、福岡県、北九州市、戸畑、序詞、恋情、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました