万葉集 第12巻 2856番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2856番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2856番歌

第12巻
歌番号 2856番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 山代 石田<社> 心鈍 手向為在 妹相難
訓読 山背の石田の社に心おそく手向けしたれや妹に逢ひかたき
かな やましろの いはたのもりに こころおそく たむけしたれや いもにあひかたき
英語(ローマ字) YAMASHIRONO IHATANOMORINI KOKOROOSOKU TAMUKESHITAREYA IMONIAHIKATAKI
山背の石田の神社に真心こめず幣(ぬさ)を差し出したからだろうか。彼女になかなか逢えないでいる。
左注 (右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 杜 社 [西(朱書訂正)][類][紀][温]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、京都府、伏見、恋情
タイトルとURLをコピーしました