万葉集 第12巻 2958番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2958番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2958番歌

第12巻
歌番号 2958番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 人見而 言害目不為 夢谷 不止見与 我戀将息
訓読 人の見て言とがめせぬ夢にだにやまず見えこそ我が恋やまむ
かな ひとのみて こととがめせぬ いめにだに やまずみえこそ あがこひやまむ
英語(ローマ字) HITONOMITE KOTOTOGAMESENU IMENIDANI YAMAZUMIEKOSO AGAKOHIYAMAMU
人が見とがめて噂にならない夢の中、そんな夢の中だけでも逢うことができれば、私の恋の苦しみも休まるだろうに。
左注 或本歌頭云 人目多 直者不相
校異
用語 異伝、人目、うわさ、恋情
スポンサーリンク

第12巻 2958S1番歌(異伝歌1)

題詞 (正述心緒)或本歌頭云
原文 人目多 直者不相
訓読 人目多み直には逢はず
かな ひとめおほみ ただにはあはず
英語(ローマ字) HITOMEOHOMI TADANIHAAHAZU
人の見る目が多いので、じかには逢わず、夢の中だけで逢ってくれないか。そうすれば私の恋の苦しみも休まるだろう。
左注
校異
用語 異伝、人目、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました