万葉集 第12巻 2992番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2992番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2992番歌

第12巻
歌番号 2992番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 玉手次 不懸者辛苦 懸垂者 續手見巻之 欲寸君可毛
訓読 玉たすき懸けねば苦し懸けたれば継ぎて見まくの欲しき君かも
かな たまたすき かけねばくるし かけたれば つぎてみまくの ほしききみかも
英語(ローマ字) TAMATASUKI KAKENEBAKURUSHI KAKETAREBA TSUGITEMIMAKUNO HOSHIKIKIMIKAMO
声をかけねば苦しくてたまらない。声をかけたらかけたで次には逢いたくなるお人ですこと。
左注
校異
用語 枕詞、襷、枕詞
タイトルとURLをコピーしました