万葉集 第12巻 3039番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3039番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3039番歌

第12巻
歌番号 3039番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 暮置而 旦者消流 白露之 可消戀毛 吾者為鴨
訓読 夕置きて朝は消ぬる白露の消ぬべき恋も我れはするかも
かな ゆふへおきて あしたはけぬる しらつゆの けぬべきこひも あれはするかも
英語(ローマ字) YUFUHEOKITE ASHITAHAKENURU SHIRATSUYUNO KENUBEKIKOHIMO AREHASURUKAMO
夕べには降りて朝方には消えてしまう白露のようなはかない恋いを私はしてるのかも。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました