万葉集 第12巻 3038番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3038番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3038番歌

第12巻
歌番号 3038番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 如此将戀 物等知者 夕置而 旦者消流 露有申尾
訓読 かく恋ひむものと知りせば夕置きて朝は消ぬる露ならましを
かな かくこひむ ものとしりせば ゆふへおきて あしたはけぬる つゆならましを
英語(ローマ字) KAKUKOHIMU MONOTOSHIRISEBA YUFUHEOKITE ASHITAHAKENURU TSUYUNARAMASHIWO
こんなに恋い焦がれると知っていたら、夕べには降りて朝方には消えてしまう露であればよかったのに。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました