万葉集 第12巻 3113番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3113番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3113番歌

第12巻
歌番号 3113番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答歌)
原文 在有而 後毛将相登 言耳乎 堅要管 相者無尓
訓読 ありありて後も逢はむと言のみを堅く言ひつつ逢ふとはなしに
かな ありありて のちもあはむと ことのみを かたくいひつつ あふとはなしに
英語(ローマ字) ARIARITE NOCHIMOAHAMUTO KOTONOMIWO KATAKUIHITSUTSU AFUTOHANASHINI
このままのままでいて、後に逢おうと口では固く約束しながら、一向に逢ってくれませんね。
左注 (右二首)
校異
用語 怨恨、恋情
タイトルとURLをコピーしました