万葉集 第12巻 3162番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3162番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3162番歌

第12巻
歌番号 3162番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 水咫衝石 心盡而 念鴨 此間毛本名 夢西所見
訓読 みをつくし心尽して思へかもここにももとな夢にし見ゆる
かな みをつくし こころつくして おもへかも ここにももとな いめにしみゆる
英語(ローマ字) MIWOTSUKUSHI KOKOROTSUKUSHITE OMOHEKAMO KOKONIMOMOTONA IMENISHIMIYURU
旅の空にあって、心から妻のことを思っているせいか、ここにやってきてもしきりに妻の姿が夢に現れる。
左注
校異
用語 枕詞、羈旅、恋情、望郷
タイトルとURLをコピーしました