万葉集 第12巻 2981番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2981番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2981番歌

第12巻
歌番号 2981番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 祝部等之 齊三諸乃 犬馬鏡 懸而偲 相人毎
訓読 祝部らが斎くみもろのまそ鏡懸けて偲ひつ逢ふ人ごとに
かな はふりらが いつくみもろの まそかがみ かけてしのひつ あふひとごとに
英語(ローマ字) HAFURIRAGA ITSUKUMIMORONO MASOKAGAMI KAKETESHINOHITSU AFUHITOGOTONI
神官たちは鏡をあがめまつり、神木に懸ける、そのように私は道行く人に声をかけては彼女を偲んでいます。
左注
校異
用語 鏡、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました