万葉集 第12巻 3161番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3161番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3161番歌

第12巻
歌番号3161番歌
作者作者不詳
題詞(羇旅發思)
原文在千方 在名草目而 行目友 家有妹伊 将欝悒
訓読在千潟あり慰めて行かめども家なる妹いいふかしみせむ
かなありちがた ありなぐさめて ゆかめども いへなるいもい いふかしみせむ
英語(ローマ字)ARICHIGATA ARINAGUSAMETE YUKAMEDOMO IHENARUIMOI IFUKASHIMISEMU
この美しい在千潟(ありちがた)。このまま立ち止まってしばし心を慰めて行きたいけれど、家では妻が心が晴れやらぬまま私を待っている。道を急がねばならない。
左注
校異
用語地名、枕詞、羈旅、遊行女婦
タイトルとURLをコピーしました