万葉集 第12巻 2988番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2988番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2988番歌

第12巻
歌番号 2988番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 梓弓 末中一伏三起 不通有之 君者會奴 嗟羽将息
訓読 梓弓末の中ごろ淀めりし君には逢ひぬ嘆きはやめむ
かな あづさゆみ すゑのなかごろ よどめりし きみにはあひぬ なげきはやめむ
英語(ローマ字) ADUSAYUMI SUゑNONAKAGORO YODOMERISHI KIMINIHAAHINU NAGEKIHAYAMEMU
弓の先から手元までのように淀んで(しばらく逢えませんでしたが)やっとあなたに逢えましたもの。もう嘆くのはやめます。
左注
校異
用語 枕詞、恋情、弓
タイトルとURLをコピーしました