万葉集 第12巻 2950番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2950番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2950番歌

第12巻
歌番号 2950番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 吾妹子之 夜戸出乃光儀 見而之従 情空有 地者雖踐
訓読 我妹子が夜戸出の姿見てしより心空なり地は踏めども
かな わぎもこが よとでのすがた みてしより こころそらなり つちはふめども
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA YOTODENOSUGATA MITESHIYORI KOKOROSORANARI TSUCHIHAFUMEDOMO
私の思うあの子が、夜、戸口に出てきた立ち姿を見てからというもの、心は上の空、土は踏んでいるけれども。
左注
校異
用語 恋情
タイトルとURLをコピーしました