万葉集 第12巻 2951番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2951番歌はこちらにまとめました。

第12巻 2951番歌

第12巻
歌番号 2951番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 海石榴市之 八十衢尓 立平之 結紐乎 解巻惜毛
訓読 海石榴市の八十の街に立ち平し結びし紐を解かまく惜しも
かな つばいちの やそのちまたに たちならし むすびしひもを とかまくをしも
英語(ローマ字) TSUBAICHINO YASONOCHIMATANI TACHINARASHI MUSUBISHIHIMOWO TOKAMAKUWOSHIMO
椿市の開かれた海石榴市(つばきち)の広場でみんなで地面を踏みならし踊ったとき、その際結び合った着物の紐を解くのが惜しい。
左注
校異
用語 地名、桜井、奈良県、恋情、歌垣
タイトルとURLをコピーしました