万葉集 第12巻 3008番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3008番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3008番歌

第12巻
歌番号 3008番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 足引之 山<呼>木高三 暮月乎 何時君乎 待之苦沙
訓読 あしひきの山を木高み夕月をいつかと君を待つが苦しさ
かな あしひきの やまをこだかみ ゆふつきを いつかときみを まつがくるしさ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAWOKODAKAMI YUFUTSUKIWO ITSUKATOKIMIWO MATSUGAKURUSHISA
山の木々が高いので夕月がいつになったら顔を出すかと、あなたを待つのが苦しい。
左注
校異 乎 呼 [元][細][矢][京]
用語 枕詞、恋情、序詞、女歌
タイトルとURLをコピーしました