万葉集 第12巻 3160番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3160番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3160番歌

第12巻
歌番号 3160番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 奥浪 邊浪之来依 貞浦乃 此左太過而 後将戀鴨
訓読 沖つ波辺波の来寄る佐太の浦のこのさだ過ぎて後恋ひむかも
かな おきつなみ へなみのきよる さだのうらの このさだすぎて のちこひむかも
英語(ローマ字) OKITSUNAMI HENAMINOKIYORU SADANOURANO KONOSADASUGITE NOCHIKOHIMUKAMO
沖の波も岸の波もこぞって打ち寄せて来る佐太の浦のように、こんな好い時が過ぎてしまえば、後で恋しくなるだろうな。
左注
校異
用語 地名、序詞、遊行女婦、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました