万葉集 第12巻 3073番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3073番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3073番歌

第12巻
歌番号 3073番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 木綿裏 [一云 疊] 白月山之 佐奈葛 後毛必 将相等曽念 [或本歌曰 将絶跡妹乎 吾念莫久尓]
訓読 木綿包み [一云 畳] 白月山のさな葛後もかならず逢はむとぞ思ふ [或本歌曰 絶えむと妹を我が思はなくに]
かな ゆふづつみ[たたみ] しらつきやまの さなかづら のちもかならず あはむとぞおもふ [たえむといもを わがおもはなくに]
英語(ローマ字) YUFUDUTSUMI[TATAMI] SHIRATSUKIYAMANO SANAKADURA NOCHIMOKANARAZU AHAMUTOZOOMOFU [TAEMUTOIMOWO WAGAOMOHANAKUNI]
木綿包み(あるいは木綿畳)を白月山にささげ、さな葛のようにこのまま無事に生き延びて必ず逢いたい。後々も。
左注
校異
用語 枕詞、地名、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました