万葉集 第12巻 2965番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2965番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2965番歌

第12巻
歌番号 2965番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 橡之 袷衣 裏尓為者 吾将強八方 君之不来座
訓読 橡の袷の衣裏にせば我れ強ひめやも君が来まさぬ
かな つるはみの あはせのころも うらにせば われしひめやも きみがきまさぬ
英語(ローマ字) TSURUHAMINO AHASENOKOROMO URANISEBA WARESHIHIMEYAMO KIMIGAKIMASANU
橡(つるばみ)の袷の着物を裏返しに着たかのように、態度が急変したあなた。私は強いて逢って下さいとは申しません。それにしても長らく逢いに来て下さいませんね。
左注
校異
用語 女歌、恋情、怨恨、序詞、衣
タイトルとURLをコピーしました