万葉集 第12巻 3017番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3017番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 3017番歌

第12巻
歌番号 3017番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 足桧木之 山川水之 音不出 人之子め 戀渡青頭鶏
訓読 あしひきの山川水の音に出でず人の子ゆゑに恋ひわたるかも
かな あしひきの やまがはみづの おとにいでず ひとのこゆゑに こひわたるかも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAGAHAMIDUNO OTONIIDEZU HITONOKOYUゑNI KOHIWATARUKAMO
山を流れ下る川でありながら音も立てず、人妻ゆえにひっそりと恋い続けるしかありません。
左注
校異 桧木 [元][類][古](塙) 桧
用語 枕詞、うわさ、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました