万葉集 第12巻 3169番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻3169番歌はこちらにまとめました。

第12巻 3169番歌

第12巻
歌番号 3169番歌
作者 作者不詳
題詞 (羇旅發思)
原文 能登海尓 釣為海部之 射去火之 光尓伊徃 月待香光
訓読 能登の海に釣する海人の漁り火の光りにいませ月待ちがてり
かな のとのうみに つりするあまの いざりひの ひかりにいませ つきまちがてり
英語(ローマ字) NOTONOUMINI TSURISURUAMANO IZARIHINO HIKARINIIMASE TSUKIMACHIGATERI
能登の海で夜釣をする漁り火をたよりにお行きなさい。月の出を待ちながら。
左注
校異
用語 羈旅、地名、能登、石川、遊行女婦、誘い歌

解説

「光りにいませ」は「光をたよりにいらっしゃい」という意味。だがここでは、「元居る場所にお行きなさい。」と訳す方が収まりがよい。詠うのは女性であり、名残惜しむ客を優しく丁寧に見送るという解が適切だろう。別の歌ではあるが、旅路で出会った芸者(?)の女性を引き留める大伴旅人の歌が第6巻966番歌から968番歌にある。こうした旅で一時しか出会えなかった女性は、とても魅力的に思えたのだろう。「月待ちがてり」は現在でも「~がてら」と使うように、「~しつつ」という意味である。

タイトルとURLをコピーしました