万葉集 第6巻 968番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻968番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 968番歌

第6巻
歌番号 968番歌
作者 大伴旅人
題詞 (大納言大伴卿和歌二首)
原文 大夫跡 念在吾哉 水莖之 水城之上尓 泣将拭
訓読 ますらをと思へる我れや水茎の水城の上に涙拭はむ
かな ますらをと おもへるわれや みづくきの みづきのうへに なみたのごはむ
英語(ローマ字) MASURAWOTO OMOHERUWAREYA MIDUKUKINO MIDUKINOUHENI NAMITANOGOHAMU
私はますらをなんかであるものか。みずみずしい土手の上で涙を拭っている。
左注
校異
用語 雑歌、作者:大伴旅人、児島、太宰府、福岡、別離、恋情、遊行女婦、天平2年11月、餞別、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました