万葉集 第6巻 964番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻964番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 964番歌

第6巻
歌番号 964番歌
作者 坂上郎女
題詞 同坂上郎女向京海路見濱<貝>作歌一首
原文 吾背子尓 戀者苦 暇有者 拾而将去 戀忘貝
訓読 我が背子に恋ふれば苦し暇あらば拾ひて行かむ恋忘貝
かな わがせこに こふればくるし いとまあらば ひりひてゆかむ こひわすれがひ
英語(ローマ字) WAGASEKONI KOFUREBAKURUSHI ITOMAARABA HIRIHITEYUKAMU KOHIWASUREGAHI
あなたのことを恋しく思えば思うほど苦しい。もしも浜に立ち寄る暇があったら恋忘貝を拾っていきたい。
左注
校異 貝 [西(上書訂正)][紀] [寛永] 具 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:坂上郎女、羈旅、福岡、恋情、天平2年11月、年紀、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました