万葉集 第6巻 1013番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1013番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1013番歌

第6巻
歌番号1013番歌
作者門部王
題詞九年丁丑春正月橘少卿并諸大夫等集弾正尹門部王家宴歌二首
原文豫 公来座武跡 知麻世婆 門尓屋戸尓毛 珠敷益乎
訓読あらかじめ君来まさむと知らませば門に宿にも玉敷かましを
かなあらかじめ きみきまさむと しらませば かどにやどにも たましかましを
英語(ローマ字)ARAKAJIME KIMIKIMASAMUTO SHIRAMASEBA KADONIYADONIMO TAMASHIKAMASHIWO
前もっていらっしゃると分かっていれば、門にも庭にも玉を敷き詰めておくんでしたのに・・・。
左注右一首主人門部王 [後賜姓大原真人氏也]
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:門部王、宴席、歓迎、天平9年1月、年紀
タイトルとURLをコピーしました