万葉集 第6巻 1012番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1012番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1012番歌

第6巻
歌番号1012番歌
作者作者不詳
題詞(冬十二月十二日歌N所之諸王臣子等集葛井連廣成家宴歌二首 / 比来古N盛興 古歳漸晩 理宜共盡古情同唱<古>歌 故擬此趣<輙>獻古曲二節 風流意氣之士儻有此集之中 争發念心々和古體)
原文春去者 乎呼理尓乎呼里 鴬<之 鳴>吾嶋曽 不息通為
訓読春さればををりにををり鴬の鳴く我が山斎ぞやまず通はせ
かなはるされば ををりにををり うぐひすの なくわがしまぞ やまずかよはせ
英語(ローマ字)HARUSAREBA WOWORINIWOWORI UGUHISUNO NAKUWAGASHIMAZO YAMAZUKAYOHASE
春になると小枝がたわむばかりに梅が咲き、ウグイスがやってきて鳴きます。いつでもぜひ我が家にお越し下さい。
左注
校異<> 之鳴 [西(左書)][元][類][紀]
用語雑歌、古歌、唱和、伝誦、葛井広成、風流、天平8年12月12日、年紀、動物
タイトルとURLをコピーしました