万葉集 第6巻 1038番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1038番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1038番歌

第6巻
歌番号1038番歌
作者高丘河内
題詞高丘河内連歌二首
原文故郷者 遠毛不有 一重山 越我可良尓 念曽吾世思
訓読故郷は遠くもあらず一重山越ゆるがからに思ひぞ我がせし
かなふるさとは とほくもあらず ひとへやま こゆるがからに おもひぞわがせし
英語(ローマ字)FURUSATOHA TOHOKUMOARAZU HITOHEYAMA KOYURUGAKARANI OMOHIZOWAGASESHI
ひと山越えるだけなので故郷の奈良はそう遠くないと思っていたのだよ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:高丘河内、望郷、京都、地名
タイトルとURLをコピーしました