万葉集 第6巻 940番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻940番歌はこちらにまとめました。

第6巻 940番歌

第6巻
歌番号 940番歌
作者 山部赤人
題詞 ((山部宿祢赤人作歌一首[并短歌])反歌三首)
原文 不欲見野乃 淺茅押靡 左宿夜之 氣長<在>者 家之小篠生
訓読 印南野の浅茅押しなべさ寝る夜の日長くしあれば家し偲はゆ
かな いなみのの あさぢおしなべ さぬるよの けながくしあれば いへししのはゆ
英語(ローマ字) INAMINONO ASADIOSHINABE SANURUYONO KENAGAKUSHIAREBA IHESHISHINOHAYU
印南野の浅茅を押し倒して寝る夜が幾日も重なり、自分の家のことがしのばれる。
左注
校異 有 在 [元][類][紀]
用語 雑歌、作者:山部赤人、播磨、兵庫、羈旅、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました