万葉集 第6巻 1036番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1036番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1036番歌

第6巻
歌番号1036番歌
作者大伴家持
題詞(十二年庚辰冬十月依<大>宰少貳藤原朝臣廣嗣謀反發軍 幸于伊勢國之時)不破行宮大伴宿祢家持作歌一首
原文關無者 還尓谷藻 打行而 妹之手枕 巻手宿益乎
訓読関なくは帰りにだにもうち行きて妹が手枕まきて寝ましを
かなせきなくは かへりにだにも うちゆきて いもがたまくら まきてねましを
英語(ローマ字)SEKINAKUHA KAHERINIDANIMO UCHIYUKITE IMOGATAMAKURA MAKITENEMASHIWO
この関さえなければ京に飛んでいき彼女と共寝してとんぼ返りしようものを。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:大伴家持、羈旅、行幸従駕、望郷、天平12年10月、年紀、岐阜、地名
タイトルとURLをコピーしました