万葉集 第6巻 994番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻994番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 994番歌

第6巻
歌番号 994番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持初月歌一首
原文 振仰而 若月見者 一目見之 人乃眉引 所念可聞
訓読 振り放けて三日月見れば一目見し人の眉引き思ほゆるかも
かな ふりさけて みかづきみれば ひとめみし ひとのまよびき おもほゆるかも
英語(ローマ字) FURISAKETE MIKADUKIMIREBA HITOMEMISHI HITONOMAYOBIKI OMOHOYURUKAMO
振り向いて三日月を見れば、眉を引いて(身なりを整えて)会って下さったおばさんが思い出される。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:大伴家持、恋情、相聞、題詠、練習
タイトルとURLをコピーしました