万葉集 第6巻 1054番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1054番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1054番歌

第6巻
歌番号1054番歌
作者田辺福麻呂
題詞(讃久邇新京歌二首[并短歌])反歌五首
原文泉<川> 徃瀬乃水之 絶者許曽 大宮地 遷徃目
訓読泉川行く瀬の水の絶えばこそ大宮所移ろひ行かめ
かないづみがは ゆくせのみづの たえばこそ おほみやところ うつろひゆかめ
英語(ローマ字)IDUMIGAHA YUKUSENOMIDUNO TAEBAKOSO OHOMIYATOKORO UTSUROHIYUKAME
瀬を流れ下る泉川の水が絶えるようなことがあれば、大宮所(皇居)もさびれゆくかもしれないけれど、決して絶えることはない。
左注(右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 河 川 [元][類][紀]
用語雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、久邇京、新都讃美、京都、地名
タイトルとURLをコピーしました