万葉集 第6巻 1003番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1003番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1003番歌

第6巻
歌番号1003番歌
作者葛井大成
題詞筑後守外従五位下葛井連大成遥見海人釣船作歌一首
原文海D嬬 玉求良之 奥浪 恐海尓 船出為利所見
訓読海女娘子玉求むらし沖つ波畏き海に舟出せり見ゆ
かなあまをとめ たまもとむらし おきつなみ かしこきうみに ふなでせりみゆ
英語(ローマ字)AMAWOTOME TAMAMOTOMURASHI OKITSUNAMI KASHIKOKIUMINI FUNADESERIMIYU
海女娘子は真珠を採りに行くのだろうか。波が荒いにもかかわらず舟出してゆくのが見える。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:葛井大成、羈旅、佐賀、土地、叙景、漁夫、地名、属目
タイトルとURLをコピーしました