万葉集 第6巻 970番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻970番歌はこちらにまとめました。

第6巻 970番歌

第6巻
歌番号 970番歌
作者 大伴旅人
題詞 (三年辛未大納言大伴卿在寧樂家思故郷歌二首)
原文 指進乃 粟栖乃小野之 芽花 将落時尓之 行而手向六
訓読 指進の栗栖の小野の萩の花散らむ時にし行きて手向けむ
かな ****の くるすのをのの はぎのはな ちらむときにし ゆきてたむけむ
英語(ローマ字) ****NO KURUSUNOWONONO HAGINOHANA CHIRAMUTOKINISHI YUKITETAMUKEMU
指進(さしずみ)の栗栖(くるす)の小野に咲く萩の花。その花が散る頃には出かけていって、神社にお供えをしよう。
左注
校異
用語 雑歌、作者:大伴旅人、望郷、亡妻、恋慕、天平3年、年紀、飛鳥、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました