万葉集 第6巻 973番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻973番歌はこちらにまとめました。

第6巻 973番歌

第6巻
歌番号 973番歌
作者 聖武天皇
題詞 天皇賜酒節度使卿等御歌一首[并短歌]
原文 食國 遠乃御朝庭尓 汝等之 如是退去者 平久 吾者将遊 手抱而 我者将御在 天皇朕 宇頭乃御手以 掻撫曽 祢宜賜 打撫曽 祢宜賜 将還来日 相飲酒曽 此豊御酒者
訓読 食す国の 遠の朝廷に 汝らが かく罷りなば 平けく 我れは遊ばむ 手抱きて 我れはいまさむ 天皇我れ うづの御手もち かき撫でぞ ねぎたまふ うち撫でぞ ねぎたまふ 帰り来む日 相飲まむ酒ぞ この豊御酒は
かな をすくにの とほのみかどに いましらが かくまかりなば たひらけく われはあそばむ たむだきて われはいまさむ すめらわれ うづのみてもち かきなでぞ ねぎたまふ うちなでぞ ねぎたまふ かへりこむひ あひのまむきぞ このとよみきは
英語(ローマ字) WOSUKUNINO TOHONOMIKADONI IMASHIRAGA KAKUMAKARINABA TAHIRAKEKU WAREHAASOBAMU TAMUDAKITE WAREHAIMASAMU SUMERAWARE UDUNOMITEMOCHI KAKINADEZO NEGITAMAFU UCHINADEZO NEGITAMAFU KAHERIKOMUHI AHINOMAMUKIZO KONOTOYOMIKIHA
朕が支配する国の遠い各地の政庁にお前たちを派遣すれば安心。平穏に構え、腕組みしてじっとしておればよかろう。天皇たる我れ。尊貴な御手をもって頭を掻き撫でねぎらうことだろう。身を撫でてねぎらうことだろう。お前たちが無事帰って来たら共に飲もうとする酒よ。この素晴らしい酒は。
左注 (右御歌者或云太上天皇御製也)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短哥 [西(訂正)] 短歌
用語 雑歌、作者:聖武天皇、作者異伝、送別、大夫、天平4年、年紀、枕詞、餞別、宴席
タイトルとURLをコピーしました