万葉集 第6巻 972番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻972番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 972番歌

第6巻
歌番号972番歌
作者高橋虫麻呂
題詞(四年壬申藤原宇合卿遣西海道節度使之時高橋連蟲麻呂作歌一首[并短歌])反歌一首
原文千萬乃 軍奈利友 言擧不為 取而可来 男常曽念
訓読千万の軍なりとも言挙げせず取りて来ぬべき男とぞ思ふ
かなちよろづの いくさなりとも ことあげせず とりてきぬべき をのことぞおもふ
英語(ローマ字)CHIYORODUNO IKUSANARITOMO KOTOAGESEZU TORITEKINUBEKI WONOKOTOZOOMOFU
とたえ千万の軍勢であっても、四の五の言わず、退治してくる勇者ぞ、わがご主君は。
左注右檢補任文八月十七日任東山々陰西海節度使
校異
用語雑歌、作者:高橋虫麻呂、藤原宇合、羈旅、送別、大夫、天平4年8月17日、年紀
タイトルとURLをコピーしました