万葉集 第6巻 998番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻998番歌はこちらにまとめました。

第6巻 998番歌

第6巻
歌番号 998番歌
作者 船王
題詞 (春三月幸于難波宮之時歌六首)
原文 如眉 雲居尓所見 阿波乃山 懸而榜舟 泊不知毛
訓読 眉のごと雲居に見ゆる阿波の山懸けて漕ぐ舟泊り知らずも
かな まよのごと くもゐにみゆる あはのやま かけてこぐふね とまりしらずも
英語(ローマ字) MAYONOGOTO KUMOゐNIMIYURU AHANOYAMA KAKETEKOGUFUNE TOMARISHIRAZUMO
横に長い眉のように、かかった雲の向こうに見える阿波の山々。そこに向かって漕いでいく舟が見える。どこに泊まるつもりか分からないけれども。
左注 右一首船王作
校異
用語 雑歌、作者:船王、行幸、羈旅、大阪、難波、黒人、不安、恋情、天平6年3月、年紀、地名
タイトルとURLをコピーしました