万葉集 第6巻 976番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻976番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 976番歌

第6巻
歌番号976番歌
作者神社老麻呂
題詞五年癸酉超草香山時神社忌寸老麻呂作歌二首
原文難波方 潮干乃奈凝 委曲見 在家妹之 待将問多米
訓読難波潟潮干のなごりよく見てむ家なる妹が待ち問はむため
かななにはがた しほひのなごり よくみてむ いへなるいもが まちとはむため
英語(ローマ字)NANIHAGATA SHIHOHINONAGORI YOKUMITEMU IHENARUIMOGA MACHITOHAMUTAME
家で待っている妻に難波潟のことが話題に出て尋ねられてもすぐ答えられるよう、潮が引いた後の様子をよく見ておこう。
左注
校異歌 [西] 哥 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:神社老麻呂、難波、大阪、望郷、羈旅、土地讃美、天平5年、年紀、地名
タイトルとURLをコピーしました