万葉集 第6巻 1022番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1022番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1022番歌

第6巻
歌番号1022番歌
作者作者不詳
題詞(石上乙麻呂卿配土佐國之時歌三首[并短歌])
原文父公尓 吾者真名子叙 妣刀自尓 吾者愛兒叙 参昇 八十氏人乃 手向<為> 恐乃坂尓 <幣>奉 吾者叙追 遠杵土左道矣
訓読父君に 我れは愛子ぞ 母刀自に 我れは愛子ぞ 参ゐ上る 八十氏人の 手向けする 畏の坂に 幣奉り 我れはぞ追へる 遠き土佐道を
かなちちぎみに われはまなごぞ ははとじに われはまなごぞ まゐのぼる やそうぢひとの たむけする かしこのさかに ぬさまつり われはぞおへる とほきとさぢを
英語(ローマ字)CHICHIGIMINI WAREHAMANAGOZO HAHATOJINI WAREHAMANAGOZO MAゐNOBORU YASOUDIHITONO TAMUKESURU KASHIKONOSAKANI NUSAMATSURI WAREHAZOOHERU TOHOKITOSADIWO
私は、父君には愛しい息子ぞ、母上にはやはり愛しい我が子ぞ。都に参上する官人たちが礼拝する恐れの坂の神に金品を捧げ、私は進まねばならぬ。遠い土佐の国への道を。
左注
校異為等 為 [元][細] / 弊 幣 [元][細]
用語雑歌、石上乙麻呂、流罪、久米若賣、密通、天平11年、土佐、高知、同情、歌語り
タイトルとURLをコピーしました