万葉集 第6巻 1023番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1023番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1023番歌

第6巻
歌番号 1023番歌
作者 作者不詳
題詞 (石上乙麻呂卿配土佐國之時歌三首[并短歌])反歌一首
原文 大埼乃 神之小濱者 雖小 百船<純>毛 過迹云莫國
訓読 大崎の神の小浜は狭けども百舟人も過ぐと言はなくに
かな おほさきの かみのをばまは せばけども ももふなびとも すぐといはなくに
英語(ローマ字) OHOSAKINO KAMINOWOBAMAHA SEBAKEDOMO MOMOFUNABITOMO SUGUTOIHANAKUNI
大崎の浜は狭い所だけれど多くの人々で賑わっていて、素通りしていく人などいないのに、この私は配流の身、素通りしていかなくてはいけない。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 能 純 [元][類][紀]
用語 雑歌、石上乙麻呂、流罪、久米若賣、密通、天平11年、年紀、土佐、高知、同情、歌語り
タイトルとURLをコピーしました