万葉集 第6巻 967番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻967番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 967番歌

第6巻
歌番号 967番歌
作者 大伴旅人
題詞 大納言大伴卿和歌二首
原文 日本道乃 吉備乃兒嶋乎 過而行者 筑紫乃子嶋 所念香聞
訓読 大和道の吉備の児島を過ぎて行かば筑紫の児島思ほえむかも
かな やまとぢの きびのこしまを すぎてゆかば つくしのこしま おもほえむかも
英語(ローマ字) YAMATODINO KIBINOKOSHIMAWO SUGITEYUKABA TSUKUSHINOKOSHIMA OMOHOEMUKAMO
大和に向かう旅路の途中で吉備の児島を通過していくことだろうが、きっと筑紫の児島のことを思い浮かべるだろうな。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 聞 [元][紀][温](塙) 裳
用語 雑歌、作者:大伴旅人、児島、太宰府、福岡、別離、恋情、遊行女婦、天平2年11月、餞別、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました