万葉集 第6巻 920番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻920番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 920番歌

第6巻
歌番号 920番歌
作者 笠金村
題詞 神龜二年乙丑夏五月幸于芳野離宮時笠朝臣金村作歌一首[并短歌]
原文 足引之 御山毛清 落多藝都 芳野<河>之 河瀬乃 浄乎見者 上邊者 千鳥數鳴 下邊者 河津都麻喚 百礒城乃 大宮人毛 越乞尓 思自仁思有者 毎見 文丹乏 玉葛 絶事無 萬代尓 如是霜願跡 天地之 神乎曽祷 恐有等毛
訓読 あしひきの み山もさやに 落ちたぎつ 吉野の川の 川の瀬の 清きを見れば 上辺には 千鳥しば鳴く 下辺には かはづ妻呼ぶ ももしきの 大宮人も をちこちに 繁にしあれば 見るごとに あやに乏しみ 玉葛 絶ゆることなく 万代に かくしもがもと 天地の 神をぞ祈る 畏くあれども
かな あしひきの みやまもさやに おちたぎつ よしののかはの かはのせの きよきをみれば かみへには ちどりしばなく しもべには かはづつまよぶ ももしきの おほみやひとも をちこちに しじにしあれば みるごとに あやにともしみ たまかづら たゆることなく よろづよに かくしもがもと あめつちの かみをぞいのる かしこくあれども
英語(ローマ字) ASHIHIKINO MIYAMAMOSAYANI OCHITAGITSU YOSHINONOKAHANO KAHANOSENO KIYOKIWOMIREBA KAMIHENIHA CHIDORISHIBANAKU SHIMOBENIHA KAHADUTSUMAYOBU MOMOSHIKINO OHOMIYAHITOMO WOCHIKOCHINI SHIJINISHIAREBA MIRUGOTONI AYANITOMOSHIMI TAMAKADURA TAYURUKOTONAKU YORODUYONI KAKUSHIMOGAMOTO AMETSUCHINO KAMIWOZOINORU KASHIKOKUAREDOMO
み山も清々しく、滝壺に落下してたぎりたつ、その吉野の川の川瀬の清らかなこと。上流には千鳥がしきりに鳴き、下流には蛙(河鹿)が妻を呼んでいる。随行してきた大宮人もあちこちにしきりに往来している。こうした光景を見るとまことにすばらしく、絶えることなく未来永劫にこうあってほしいと、天地の神々にお祈りを捧げる、恐れ多いことであるが。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 川 河 [金][元][類]
用語 雑歌、作者:笠金村、吉野、行幸、宮廷讃美、神亀2年5月、年紀、枕詞、動物、地名
タイトルとURLをコピーしました