万葉集 第6巻 941番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻941番歌はこちらにまとめました。

第6巻 941番歌

第6巻
歌番号 941番歌
作者 山部赤人
題詞 ((山部宿祢赤人作歌一首[并短歌])反歌三首)
原文 明方 潮干乃道乎 従明日者 下咲異六 家近附者
訓読 明石潟潮干の道を明日よりは下笑ましけむ家近づけば
かな あかしがた しほひのみちを あすよりは したゑましけむ いへちかづけば
英語(ローマ字) AKASHIGATA SHIHOHINOMICHIWO ASUYORIHA SHITAゑMASHIKEMU IHECHIKADUKEBA
潮がひいた明石潟の道を、明日からは家路に就き、家に近づくのでひとりでに明るい気持ちになる。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山部赤人、播磨、兵庫、羈旅、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました